メタボリックシンドローム

メタボリックシンドローム一覧

メタボリックシンドロームとは
メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪症候群のことです。 『メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)』の人は、「肥満症」、「高血圧」、「糖尿病」、「高脂血症」重複して発症していることがあります。
メタボリックシンドロームと肥満
メタボリックシンドロームは内臓脂肪の蓄積による肥満が原因です。肥満とは2つのタイプがあります。 1.洋なし型肥満(皮下脂肪型肥満)  下腹、腰、太もも、おしりの回りの皮下に脂肪が付く 2.リンゴ型肥満(内臓脂肪型肥満)  内臓の回りに脂肪が付く。腹が出てくるタイプの肥満
なぜ内臓脂肪蓄積がいろいろな病気を引き起こすの?
内臓脂肪の増加(メタボリックシンドローム)に伴い、善玉アディポサイトカインの血中濃度が減少し、悪玉アディポサイトカインの濃度が増えます。このことにより動脈硬化が進行します。