メタボリックシンドロームと関連する病気

メタボリックシンドロームと関連する病気一覧

糖尿病 1
糖尿病になると、血糖が以上に高い状態が続きます。血糖が高くなると、血液が「水飴」のようにドロドロになり、血管を傷つけ、いろいろな障害を起こします。
高尿酸血症・痛風について 3
高尿酸血症・痛風といわれたら 1.肥満の解消 2.プリン体の多い食品の摂取制限 3.尿をアルカリ化する食品の摂取 4.十分な水分摂取 5.飲酒の制限 6.運動
高尿酸血症・痛風について 2
高尿酸血症は、他の疾患と相互に関係し、全身に悪影響を与えます。 高尿酸血症は、痛風の発作を生じない限り、自覚症状がありません。そのため、放置しやすく、いつの間にか合併症が進行しています。
高尿酸血症・痛風について 1
高尿酸血症というのは、尿酸値が、100ml中7mgを超えた場合を言います。 この高尿酸血症が長年続いた結果症状として表れるのが、痛風です。
メタボリックシンドロームと病気
メタボリックシンドローム(内蔵脂肪型肥満)の人は、・高血圧症・糖尿病・高脂血症を起こしやすくなります。これらの病気が動脈硬化を促進させ、・心筋梗塞・脳卒中といった危険な病気を招きます。 これは何処でも言われている話、でもそれだけじゃないんです。メタボリックシンドロームに関連する病気はまだあります。
メタボリックシンドロームからの病気
メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)』の人は、心筋梗塞、狭心症、脳梗塞、閉塞性動脈硬化症という生命に直接関わる重大な病気を引き起こしてしまう可能性が高まります。
高脂血症
高脂血症は血液中のコレステロールや中性脂肪などの脂質が異常に多い状態。自覚症状はありませんが、放っておくと動脈硬化の進行。脳梗塞、心筋梗塞などの危険が高まります。
糖尿病
糖尿病とは、慢性の高血糖状態です。細胞のエネルギー不足によるいろいろな症状が出現。そして、この高血糖状態そのものが、血管を含め全身組織の細胞にいろいろな障害を与えます
脳梗塞
脳梗塞とは脳の血管が詰まり、そこから先に血液が流れなくなる。それにより、脳の一部が機能しなくなったり、低下する。すばやく適切な処置をしないと命に関わります。
高血圧
高血圧で命を失うことは少ないです。しかしながら日本人の死因の2位 心筋梗塞などの心疾患 3位 心筋梗塞などの脳血管障害の原因になります。
脳出血
脳出血とは、脳内の動脈が破れ、脳内に流れ出した状態。破れた血管はすぐに修復され出血は止まりますが、出血した血液は血のかたまり(血腫)となって残り、脳を圧迫して障害を起こします。