メタボリックシンドロームの予防

メタボリックシンドロームの予防一覧

よく噛んで肥満予防
簡単な肥満予防です。よく噛むこと。それが肥満予防、メタボリックシンドローム予防に役立ちます。
1日のテレビは、2時間未満にする。−メタボリックシンドローム予防
1日に2時間以上テレビを見る習慣のある女性は、肥満になるリスク23%、糖尿病になるリスクが14%高い。
肥満体質と倹約(肥満)遺伝子
肥満体質に関わっているのが、倹約遺伝子(肥満遺伝子)です。 倹約遺伝子(肥満遺伝子)は飢餓の時代に人間が生き抜くため、獲得した遺伝子で、摂取したカロリーを体に貯め込むように働きます。
メタボリックシンドロームからの脱出 ダイエット 5
よく噛んで、腹7分目におさえる。
メタボリックシンドロームからの脱出 ダイエット 4
栄養バランスの良い食事を取ろう。 「***を食べれば痩せる。」といった偏ったダイエットは、長続きしません。 痩せても、元の食事に戻れば、体重も元に戻ります。リバウンドです。そして何とリバウンドすると体脂肪率が増加し、再び減量することが難しくなります。
メタボリックシンドロームからの脱出 ダイエット 3
時間を決めて1日3食。 夕食は軽めに。 ダイエットの基本は、規則正しい生活です。
メタボリックシンドロームからの脱出 ダイエット 2
ダイエットするには摂取カロリーを消費カロリーより減らすことです。
メタボリックシンドロームからの脱出 ダイエット
毎日体重、体脂肪を測定し記録を取る。それだけで少なくとも現状より体重を増やさないことになります。
メタボリックシンドロームの予防はまず自分の体の状態を知る。
メタボリックシンドロームの予防としては、自分の体の状態を知ることから始まります。 体型、体重、健康診断の結果など、これまでの経過を自分で評価しましょう。
メタボリックシンドロームの予防と改善は自己管理から。
メタボリックシンドロームの予防と改善は自己管理、つまりダイエットが大切。