健康診断を受ける時の注意

1.検査前日は、いつもと変わらない生活をして下さい。
  血液検査、尿検査では、前日の食事、飲酒の影響が出ます。
  暴飲、暴食はしない。早く寝た方が良いでしょう。

2.当日提出する問診票は、体調、普段の生活を正確に書くこと。
  お酒、タバコなどの過少申告は、医師に重要な情報が伝わりません。

3.緊張しないでリラックスして検診を受ける。
  検査時の緊張により、血圧が上がったり、正確な心電図が得られない
ことがあります。
  体の力を抜いて、平常心になることが大切です。

4.服・
  人間ドックなどでは、検査着が用意されています。
  そうでない場合は、首、袖がゆったりしていて、腹部が出しやすいもの
にしましょう。
  また、・身具ははずしておきましょう。

5.検査中は、医師の指示に従うこと。