健康診断検査結果の生かし方

1.健康診断の検査結果はしっかり保管、管理しましょう。
  健康診断検査結果値に一喜一憂するのではなく、定期的な検査値の変化に気を配ることが大切です。
  例えば、健康診断の検査結果が基準値内であっても、前回は下限の値であったのが、今回は
上限になっているとすれば要注意です。

2.健康診断結果の検査値を普段の生活に生かす。 
  健康診断結果の検査値の意味を正しくとらえる。
  そしてそれを普段の生活に生かすことが重要です。

  例えば、食事の量、内容、運動量、睡眠時間、ストレスなど健康診断の検査値を悪くしている
要因を考えましょう。また健康診断後の医師との面談で、助言をしてくれます。
  それらを踏まえ、休肝日を決めるとか、エスカレーターに乗らずに階段を利用するとか少しずつ
生活を変えていきましょう。