聴力検査

聴力レベルと難聴度をオージオメーターを使って調べる。

基準値  
 1000Hz  0〜35dB
 4000Hz  0〜40dB

 1000Hz  40〜60dB 軽度から中程度の難聴
                  日常の会話には困らない。
         60dB以上  高度の難聴

疑われる病気
 伝音性難聴 音が伝わっていく過程(外耳、中耳)の障害
 中耳炎、耳垢栓塞

感音性難聴
 内耳、聴神経、大脳の障害
 メニエール病、突発性難聴、騒音性難聴、老人性難聴、聴神経腫瘍


聴覚は、年と共に衰えます。
仕事、生活習慣が難聴の原因になることもあります。
そのため、音、声が聞こえにくいと感じたら早めに検査しましょう。