ホルター心電図検査

ホルター心電図検査とは
携帯型の小さな心電図を付けて、24時間心電図の波形を記録します。
また検査の最中は、行動や自覚症状(胸痛、動悸など)を記録しておきます。

ホルター心電図検査でわかること
 自覚症状と心電図との対応を観察
 不整脈の診断 (種類、頻度、持続時間) 虚血発作(狭心症など)の診断
 不整脈、狭心症などの治療効果を観察
 心臓ぺースメ−カの作動状況を観察

注意事項
 風呂は入れません。
 汗で電極がはがれやすくなるので、激しい運動は、控えること。
 散歩や軽い運動ならできます。
 できるだけ普段どうりに活動してください。