胸部X線検査

胸部にある臓器(主に肺・心臓・大動脈など)、呼吸器と循環器に異常がないかを調べる検査です。

胸部X線検査の方法
 胸部X線検査は、胸部を検査機器にあてつけ、背後からX線を照射し、撮影します。
 肺に異常な影があるかどうか、心臓の形に異常があるかどうかを調べます
 健康な人の肺は、黒く写り、中心部の心臓などは、白く写る。
 肺に腫瘍や炎症があると白っぽい陰影が写る。
  円形の影-肺がん 境界が不明瞭な白い影-肺炎、結核  

疑われる病気
 肺結核や肺炎などの炎症
 肺癌、肺膿傷、肺気腫などの疾患
 気管支拡張症、心臓肥大

胸部X線検査の注意事項
 検査時には金属製のものをはずす。
 検査の際には十分に息を吸って止める。止めていない場合、横隔膜が上がり心臓肥大気味に見えたりすることもあります。
 微量の放射線を浴びるため、妊娠中または可能性のある人は申し出ること