血液検査

血液検査は、人間ドックや健康診断では必ず行われます。
そしてその検査内容は、3つに分かれます。
1.血液一般検査
  赤血球や白血球の数や形など血液そのものの測定
     貧血、腎不全、心筋梗塞、肝硬変、リウマチ、白血病、肺炎、胆嚢、免疫不全、感染症
     などで、異常値を示す。

2.血液生化学検査
  血清中のたんぱく質、糖質、酵素などの成分を検査
     肝炎、脂肪肝、肝臓・胆道の病気、糖尿病、各種ガン、心筋梗塞、心不全、高脂血症
     脳血栓、甲状腺の病気、肺梗塞などで、異常値を示す。

3.免疫血清学的検査
  病気により発生した抗原抗体反応のようすを測定
     肝炎、肝臓がん、肝硬変、心筋梗塞、悪性腫瘍、胆石、リウマチ、エイズ、感染症
     などで異常値を示す。

採血検査前の注意
1.前夜は入浴して、リラックスして過ごしましょう。
2.運動やストレスは、検査の数値に影響を与えます。
3.夕食は早めに、当日は食事を取らず、空腹の状態で採血しましょう。
4.濃い緑茶、アルコール類も検査に影響を与えます。