なぜ内臓脂肪蓄積がいろいろな病気を引き起こすの?

メタボリックシンドロームになると、なぜいろいろな病気を引き起こすのでしょう?

脂肪組織、特に内臓脂肪が分泌蛋白遺伝子を高頻度に発現させているのです。
これらの生理活性物質を「アディポサイトカイン」と呼びます。
このアディポサイトカインには、善玉アディポサイトカインと悪玉アディポサイトカインが有ります。

善玉アディポサイトカインとは
 アディポネクチンと呼ばれます。抗糖尿病、抗動脈硬化作用を持つ。

悪玉アディポサイトカイン
 PAI−1やTNFαなど
 
正常な状態では、これらのアディポサイトカインはバランスが保たれていますが、内臓脂肪の増加に伴い、善玉アディポサイトカインの血中濃度が減少し、悪玉アディポサイトカインの濃度が増えます。
このことにより動脈硬化が進行します。