糖尿病

糖尿病とは、インスリン(膵臓で作られるホルモン)の作用不足によって引き起こされる慢性の高血糖(血液中のブドウ糖が多い)状態です。

インスリンの作用が不足したり、膵臓からのインスリン分泌が少なくると、血液中のブドウ糖(血糖)は細胞の中に入りにくくなり、血液中にブドウ糖が余ってきて高血糖状態になります。
それで、細胞のエネルギー不足によるいろいろな症状が出現。そして、この高血糖状態そのものが、血管を含め全身組織の細胞にいろいろな障害を与えます。

糖尿病の種類
1型糖尿病
 インスリンをつくる膵臓のベータ細胞が破壊されておこる糖尿病で、インスリンがほとんどつくられないため、外から(注射で)インスリンを補給しなければなりません。若い人に多い。
2型糖尿病
 インスリンをつくれるが、インスリンの効きが悪いため、血糖を正常に保てなくなっている。
 インスリンの分泌低下を伴う場合もあります。
 中高年に多く日本人糖尿病の約90%を占めています。
・特定の原因・疾患によるその他の型
 膵臓の働きや、インスリンの作用にかかわる遺伝子異常のものや
 他の疾患(膵臓・肝疾患、感染症など)によって引き起こされる糖尿病。
・妊娠糖尿病
 妊娠によって引き起こされる軽い糖代謝異常です。

原因と症状
1型糖尿病
 ウイルス感染、自己免疫反応が関係
 発症すると倦怠感、急激な体重減少などはっきりした自覚症状
2型糖尿病
 遺伝因子に運動不足、肥満、食べ過ぎ、ストレスなど環境因子が加わって発症。
 初期は自覚症状がない。
 進行すると、のどの渇き、多飲多尿、体重減少などが起こる。

糖尿病のその後
 糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、糖尿病性神経症、動脈硬化症との合併症