高脂血症

血液中のコレステロールや中性脂肪などの脂質が異常に多い状態。

高脂血症の種類
LDL(悪玉)コレステロール値が高い場合:
「高コレステロール血症」
国民の5人に1人は高コレステロール血症の疑いがあるとさえ言われている。

中性脂肪(トリグリセライド)値が高い場合:「高トリグリセライド血症」
日本人男性の高脂血症に多いタイプ。

LDL(悪玉)コレステロール値と中性脂肪(トリグリセライド)値、両方が高い場合:
「複合型高脂血症」
早発性の冠動脈硬化症を合併する恐れがある。

HDL(善玉)コレステロール値が低い場合:「低HDLコレステロール血症」
動脈硬化にかかる危険性が高まる。

症状
 特に自覚症状はありません。
 しかし放っておくと動脈硬化の進行。脳梗塞、心筋梗塞などの危険が高まります。
 高トリグリセライド血症では、急性膵臓炎、脂肪肝などの合併症になることもあります。