脳出血

脳出血とは、脳内の動脈が破れ、脳内に流れ出した状態。
 破れた血管はすぐに修復され出血は止まりますが、出血した血液は血のかたまり(血腫)となって残り、脳を圧迫して障害を起こします。

原因
 高血圧と動脈硬化
 細い血管が動脈硬化になると、弾力が無くなり、一部が風船のように膨らみます(動脈瘤)。
 その時高い血圧がかかると、動脈瘤が破裂し、脳出血が起こります。
 活動時、興奮時、排便時、寒さ、過度のストレスの時には、血圧が上昇し、発作が起きやすくなります。

症状
 気分が悪くなる、頭痛、めまい、嘔吐、マヒなどの症状が急激に現れます。

 早期の適切な処置が重要。一刻も早く設備の整った病院で対処してもらうことが必要