よく噛んで肥満予防

簡単な肥満予防です。
よく噛むこと。それが肥満予防、メタボリックシンドローム予防に役立ちます。

噛むことにより、脳内のヒスタミン神経系が刺激されます。ヒスタミン神経系は、脳内の満腹中枢を活性化させ、満腹感を起こさせ、食欲を抑える。
またヒスタミンの刺激で、交感神経が活発になり、内臓脂肪の分解が促されます。つまりメタボリックシンドロームが改善されていきます。

つまり、よく噛むことで、食欲の抑制、内臓脂肪の燃焼がいっぺんに出来てしまいます。

さあ今日から始めましょう、
1.柔らかいものばかり食べない。
2.一口ごとの噛む回数をまずは20回と決め、味わいながら食べましょう。